取得可能な資格

専門社会調査士資格について

社会文化学専攻では、専門社会調査士資格を取得することができます。
専門社会調査士とは、調査企画能力、調査結果を管理する能力、報告書執筆の能力を兼ね備えた、調査の専門家のことです。所定の単位を取得し、修士論文を提出したのち、日本教育社会学会、日本行動計量学会、日本社会学会の三学会が設立した「一般社団法人 社会調査協会」によって認定されます。
専門社会調査士資格は2004年にできましたが、2019年3月までに、大学院を修了して専門社会調査士を取得した者は全国で705名しかいません。本専攻からも、毎年数名ずつが認定されています。

社会調査協会ホームページ:http://jasr.or.jp/

 

専門社会調査士資格取得のためのカリキュラム

授業科目単位対象学年
多変量解析演習2院生のみ
社会調査演習2院生のみ
質的研究演習2院生のみ
※社会調査士資格を有することが履修条件です。

専門社会調査士資格取得に必要な費用

  • 対象者:
    社会文化学専攻博士前期課程
    専門社会調査士を取得する大学院生のみ
  • 費用内訳:
    社会調査実習費
  • 金額:
    1 年次 15,000円(3科目分)
    ※対象となる科目の履修時に必要な金額